インプラントのメリット

インプラントにするメリットは見た目や使用感が自分の歯と全く同じようになることです。

入れ歯やブリッジは見た目はきれいですが、使用感は天然の歯と比べ物になりません。


入れ歯は食べ物が接着面に挟まったり、しっかり固定されていないため食事がしにくくなります。また丁寧に手入れをしておかないと雑菌が発生して口臭の原因となってしまいます。

ブリッジは両側の健康な歯を削る必要がある他、食べかすがたまりやすいので歯周病にかかりやすくなります。



インプラントは天然の歯と同じように土台となる顎の骨にしっかり固定されているため、噛み心地が天然の歯と全く変わりません。
するめやリンゴ、イチゴなど入れ歯では食べにくいものでも安心して食べることができます。


自分の歯と同じ色、質感の人工の歯を入れるため見た目も違和感がなく、歯の治療をしたと他の人に気づかれることもありません。

NAVERまとめの情報について、かしこい情報の見分け方や利用方法を解説します。

またインプラントは特別な手入れが必要ないというメリットもあります。入れ歯ははずして専用の液に浸して消毒などをしなくてはいけませんが、インプラントで必要な手入れは他の歯と同じように歯磨きをするだけです。

天然の歯も歯磨きをしたり歯科医院で歯石を取ってもらうなどのケアをすれば生涯使い続けられますが、インプラントも同じ手入れをしておけば長持ちします。治療後10年保証をしている歯科医院も多いのですが、30年以上使用しているという例もあり良い治療を受けて丁寧にケアすることが大切です。