岡崎市で有名になりつつある水のトラブルレスキュー隊

経験豊富なスタッフが直ぐに駆け付けます

給湯器の耐用年数と給湯器交換について

time 2021/02/21

給湯器の耐用年数と給湯器交換について

急に壊れてしまうと、生活に大きな支障が出てしまう給湯器は、故障のサインが分かりにくいため、急にお湯がでなくなったり、動かなくなったりしてから、故障していることに初めて気付くことが多く、すぐに工事の予約を取りにくい冬などには、大変困ることがあります。故障してしまい、生活に支障が出るのも大変困るのですが、不完全燃焼を起こしていることに気付かず、使い続けてしまったり、給湯器の内部が劣化したり故障したりして、高温になることもあるので、大変危険です。給湯器の耐用年数を知っている人は少なく、壊れるまで使おうと思っている人が多いのですが、給湯器の耐用年数は一般的に10年から15年ほどです。メーカーでも、安全に使うことができる期間を10年としていることが多く、10年を経過している給湯器を使っている人は、すぐに点検を受けたり、給湯器交換をすることがおすすめです。

10年を経過していなくても、家族構成や使用頻度によっては、内部が劣化し、安全に使うことができない場合もあります。給湯器から変な音や変な色の煙が出ていることを見つけたり、お湯の温度が一定しなかったり、ぬるかったりする時には、給湯器交換のサインかもしれません。早めに点検を受けて、給湯器交換についても相談し、急に故障したり、事故になったりする前に対応しておくことが大切です。急に壊れてしまうと、急に大きな出費をしてあわてることになるので、早めに給湯器交換について考えておくとよいでしょう。

down

コメントする