岡崎市で有名になりつつある水のトラブルレスキュー隊

経験豊富なスタッフが直ぐに駆け付けます

給湯器交換の目安時期

time 2021/02/18

給湯器交換の目安時期

冬になって水温が下がり、水をお湯にするためにパワーが必要になってきたり、雨が多く、湿気がたまりやすい時期には、給湯器が故障することが多く、あわてて工事を依頼する家庭が多いので、工事の予約が取りにくい時期でもあります。急に壊れてしまうと、お風呂や洗面、家事などに支障が出る上に、急な出費であわててしまうこともあるので、故障する前に給湯器交換をすることがおすすめです。家庭用の給湯器の耐用年数は、家族構成や使用頻度によって違いますが、大体10年か15年というのが一般的です。部品が劣化したり、基盤が故障するのが、大体10年から15年ころと言われているのですが、ストーブなどの暖房機器のように、定期的なメンテナンスをしている家は少なく、何となく不調を感じていても使い続けてしまい、急に故障するという経過をたどることが多いのです。

何とか使えるうちは給湯器交換をしないで使う、という家庭が多いのですが、メーカーでは、標準的な使用頻度で、標準的な使い方をしている場合、安全に使用できる期間を10年としている場合が多く、10年以上経過している場合は、一度点検を受けて、安全を確かめることが必要です。10年以上使用できることもありますが、長く使っていて、部品がない場合、メーカーでも修理対応をすることができなくなっていたり、修理をしても、10年以上たっている場合は、再び故障する確率が高くなるので、10年から15年の間に給湯器交換をすることがおすすめです。

down

コメントする