岡崎市で有名になりつつある水のトラブルレスキュー隊

経験豊富なスタッフが直ぐに駆け付けます

耐用年数を過ぎた給湯器交換のポイント

time 2021/02/06

耐用年数を過ぎた給湯器交換のポイント

給湯器が突然壊れてしまったら、とてもあわてます。たとえば、寒い冬の日に、温かいシャワーでさっぱりしようとしている時、顔や体、髪などを洗っている最中に給湯器が突然壊れて、お湯がでなくなり、水のシャワーになったら、悲惨です。お風呂に入ろうとしたら、給湯器が壊れていて、お湯がどうしても出なくなり、あわてて業者に電話をかけたら、予約が込み合っていて数日後になると言われてしまったら、とてもがっかりしてしまいますし、生活に支障が出てしまいます。給湯器が壊れてしまうと、とても困ってしまうことになるので、給湯器の耐用年数や給湯器交換のサインをしって、早めに対処しておくことがおすすめです。

給湯器の耐用年数は10年から15年ほどと言われています。10年を過ぎた給湯器は、耐用年数を過ぎていることになるので、給湯器交換を検討する時期です。まだ使える、と思うかもしれませんが、内部の基盤や熱交換機は、確実に経年劣化が進んでいるので、突然壊れてしまう可能性が高いのです。また、給湯器を使うと、嫌なにおいや音がしたり、お湯の温度が安定しないとき、煙が出たり水漏れがあるときにも、給湯器交換の時期と考えることがおすすめです。

症状が出ているということは、内部に不具合があるということなので、症状がひどくなってしまう前に、いくつかの業者に見積もりを頼み、価格や対応の善し悪し、アフターフォローなどを比較して信頼できる業者に交換してもらうと良いでしょう。

down

コメントする