岡崎市で有名になりつつある水のトラブルレスキュー隊

経験豊富なスタッフが直ぐに駆け付けます

給湯器交換をしないとどうなるの

time 2021/02/03

給湯器交換をしないとどうなるの

多くの人の毎日の生活を快適にしてくれている給湯器は、いつでも好きな時にお湯を使うことができるので、お風呂に入ったり、掃除や料理、後片付けなどのときに、冷たい水を使わなくてもお湯で仕事ができたり、歯磨きや洗顔が快適にできたりするので、大変便利でありがたい設備です。給湯器の寿命は、大体10年から15年程度と言われており、10年を過ぎて使っている場合、給湯器交換が必要なことが多いと言われています。自宅にある給湯器が10年を過ぎているという人は多く、自分の家でも10年過ぎているけれども、まだ故障していないから、使っているという人も多く、使えるのに給湯器交換をするのはもったいないと思う人が大半です。しかし、給湯器交換をせずに、使い続けている場合、二つのデメリットがあります。

ひとつは、急に壊れるかもしれないリスクがあることです。使えているとはいっても、変な音やにおいがしたり、お湯の温度が一定しないという症状が出ていたりすることはありませんか。まだ使えていても、内部の基盤や熱交換装置は、確実に劣化しています。そのまま使い続けると、ある日突然給湯器が壊れてしまい、急いで給湯器交換をしなければいけないことになる可能性があります。

もうひとつは、燃費の悪さです。基盤や熱交換装置など内部の部品が劣化すると、燃焼効率が落ちてくるため、燃費が悪く、燃料費を余計に使うことになります。10年を過ぎた給湯器は、交換することで、安全でリーズナブルに使うことができるのです。一宮のトイレづまりのことならこちら

down

コメントする